--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月18日 (水) | Edit |
先日幼稚園でお茶会がありました。

先週、茶せん振りの練習をやったそうで、その時はお湯だけでシャカシャカ。
うちに帰ってからはコップと歯ブラシでシャカシャカ練習していました。

課外活動でお茶の先生が教えてくれる茶道教室(月1回1500円)もありますが、
保育課程の中でもやります。年に2回のお茶会。
年長さんは年少さんをお客さんにしてお茶をたててあげます。
年中さんは自分でたてて自分で飲んだそうです。
苦いけどおいしかった!!
お菓子(ゴマのクッキーかな?)も食べたと言ってました。

で、気になるのがお茶のたて方。
まーさん、左利きなのです。

右手で茶せんを持って、左手はお茶碗を押さえる手、とのこと。
ま、そうだよね。
新しく習うことはそういうものとして覚えてくれればいいのですが、
問題は字の書き方をどうするか。

小さい時から自然に使う手は必ず左手。
私の兄も左利きなので遺伝的なものもあるのかな。

お箸(エジソンのお箸)もハサミ左利き
塗り絵も左手です。まだまだぐー握りなんですが。
幼稚園では年長さんから字の練習を始めます。
この時に字は右手で書くものと覚えていければいいのかな。

だんなは左手でいいじゃんといいますが、
私は迷っています。

左利きよりは両手利きの方がいいんじゃないかな?
兄も字は右手です(箸はどうだっけ?)
両手を自由に使えて便利そうです。

和のお友達にやはり左利きの子がいます。
食べるのは左手、書くのは右手です。
食べる意欲をそぎたくないので(彼は小食)お箸は使いやすい手で。直すことはしなかったそうです。
字は書き始めの時に鏡文字になってしまうのは左手で書いてるからと理解し、自分からがんばって右手に直したそうです。

これが理想なんですが。
まーはガンコだからな~無理な気がする…(´・д・`)






にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村













関連記事
コメント
この記事へのコメント
まーくん、左利きだったんですね。
うちの旦那さんも元々左利きだったみたいです。
今は字もお箸も右でこなしていますが、左でもできるそうです。便利でいいですよね。
お姑さんもなぜか包丁だけ左手。やっぱり遺伝ですかね。
2011/05/18(Wed) 22:52 | URL  | ひなひか #-[ 編集]
Re: タイトルなし
左利きだといろんな才能がありそうで(?)うらやましいんですが普段の生活は不便そうです。
自転車のカギをあけたがるんですが指を挟んじゃったり。
ダイスオーもあのくるくるが回せなくてはまりませんでした。



2011/05/19(Thu) 09:59 | URL  | 和&まーまま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。