--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月17日 (月) | Edit |
今日からいつも通り~と思っていたら、今日は幼稚園の自由参観のある日でした。

来年入園を考えている2歳児さんの説明会がお昼からあり、年少さんは午前中でお帰り。
年少の先生が2歳児さんをみてますからママたちは説明会に参加してね、という流れで、ついでに在園児の親も午前中は自由に参観していいですよ、というわけです。

自分が2歳児の時には在園児のママが邪魔でろくに見えないんですけど~と思ってましたが(;^ω^)
参観日となればとりあえず行って、
見に来たよ~とアピールしてから帰らねばなりません。

今日のパンダ組は作品展に飾るスーパーマリオの世界、のマリオの顔作り。
10時半からの参観を30分遅れで行ったらもう終わっていて、
自由に粘土や塗り絵をやる時間になってました(ll-艸-)ァリャリャ

まーは粘土をやっていて、これはダイスオーっだよって見せにきてくれました。
その後はタイラントを作ったり、アストロスイッチを作ったりして遊んでいたようです。
(途中で帰ったので見てないけど)

ダイスオー?ダイスオーってあの機械?

みんな早めにマリオを作り終わって自由に遊んでいるのに、
まだ先生のわきでマリオを作っているKくん。
制作が苦手で時間内に1人終わらないようです。

ああ、昔の和だ~~。・゚・(ノД`)・゚・。

和も制作が苦手でいつも時間内に終わらなくて1人残ってやってました。
今日はみんな室内遊び(粘土か塗り絵)だけどみんな外に遊びに行っちゃったりするとすっごく悲しいんだよね。

年長の最後の頃は制作の前の晩に「明日はお面作りがある…」と泣いてたりしました。

うちの幼稚園の制作についてはちょっと不満がある私。
まぁ、愚痴なので以下は流してください。

幼稚園では絵画などは絵画の先生が来て教えてくれます。

絵の具やクレパスを使ってはじき絵を描いたり、年長になると木炭を使って自分の手をスケッチしたりもしてました。
先生による絵画指導は月に1度程度だし、
家庭では出来ないことなので、いい経験、とは思うのですが、
幼稚園からやらなくてもいいんじゃん?と思うのも事実。

こけしなにゆえこけし?

ずらっとこけしハジキ絵ですね、でも幼稚園児がこけし…?

制作も先生の見本と同じものを作るというスタンス。

みんな同じ材料を使って、同じところに同じ色の折り紙を貼って。
出来上がりは細部まで丁寧に作る子もいればえ~~?というのもあってそれなりに様々なんですが。

それでも。
鬼のお面、だったらいろんな鬼がいてもいいと思うけどね~

和が小学生になって、どうなるのかと思っていた図工の時間。

1年生の一番最初の絵画はたしか自分の好きなものを描くでした。
参観日に廊下に貼り出されていた絵はみんなそれぞれ。
その後の懇談会での先生の言葉が。

1年生では自分が描きたいものがある、というのが一番大切です。
みんな、なにを描こうかな?と考えて自分で決めて描いていたのでそれで十分、とのこと。

小学校の図工は自宅から材料を持っていって作ります。
みんないろんなものを持っていって出来上がりもそれぞれ。

あんなに制作が嫌いで泣いていた和が1番好きな教科は図工、と言ってます。

出来上がりはちょっとどうなの、これ?と思うときもありますが(;^ω^)
とにかく楽しんでいることは確かです。

これは以前かいたくぎうちトントン。
失敗しちゃったーと帰ってきて、しかも持ち帰る途中にいろいろ外れちゃったので本当の完成形はわからないのですが。

タイトルは「どこまでも行けるよヘリコプター」
先生の感想は「楽しそうに作っていましたね」…とにかく楽しかったみたいです。

くぎうちトントンこわれちゃった飾りはお友達からもらったらしい

くぎうちトントン参観日でみた作成途中

おまけにあまった材料で作ったくぎうちマン。

くぎうちマン借金のことならくぎうちマンにお任せ!…弁護士らしいです


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ













関連記事
コメント
この記事へのコメント
楽しいのがいちばん!!
図工の製作で、変にプレッシャーを感じてしまう子がたまにいます(うちもその一人)
「上手に作らなくちゃ」とか「思った通りにできない」という理由から手が止まってしまう・・・そんな子には「楽しんで作りなさい」と声を掛けます。
あと、上手な子のマネをしていいのよ・・・とも言います
マネは悪いことではないので、大いにマネしてね~~~!!
 くぎ打ちトントン・・・我が息子も間もなくです!!
どんな作品ができるか楽しみです!!

「弁護士さん」・・・ちゃんと形になってますね(笑)
2011/10/17(Mon) 18:51 | URL  | pirokokko #-[ 編集]
みんな違ってみんないい!ですよね
うちの近所にも「りんご」の絵を書くときにそれ以外のものを書いたりするとやり直しさせるとか、合奏の練習をしていて、できない子はできる子の足を引っ張るからという理由で教室から出してしまう・・・ところがあります。(かなり極端な幼稚園ですが)

できる子にとってはどんどん伸ばしてもらえそうでいいですが、できない子にとっては幼稚園時代から落ちこぼれてしまうかんじがします。

和くんは学校でいい先生に出会えてよかったですね。
苦痛だった図工が好きになるなんて、すごい。
ほんとは作ることが好きだったのかな?
楽しくできることがなによりですよね~。
2011/10/17(Mon) 20:04 | URL  | ひなひか #-[ 編集]
Re: 楽しいのがいちばん!!
とにかく楽しんでいるようです。
そろそろ出来上がりも気にして欲しいですが(;^ω^)

まぁ好きなら今後うまくなる可能性もありますが、好きじゃなければそれまでですからねー。

くぎうちマン、意外にエリートでびっくりです。
2011/10/17(Mon) 20:25 | URL  | みわさん #-[ 編集]
Re: みんな違ってみんないい!ですよね
合奏の練習で外に出しちゃうってすごいですよね。
そこまで極端な幼稚園でなくてよかった~ヒィー(>ω<ノ)ノ

でも制作に関してはもっと自由に出来る時間があればいいのに、と思います。
そこは家庭でやってといわれればそうなんですがね(´-∀-`;)

小学校のママは幼稚園のときより作ってくるものがヘタで記念に取っておくのもちょっと~みたいなことを言ってましたが、私は楽しかった~と帰ってきた超ヘタな工作のほうが取ってあります。
幼稚園時代のは上手いけど涙の記憶…。



2011/10/17(Mon) 20:39 | URL  | みわさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。