--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月08日 (金) | Edit |
昨夜、子供たちと一緒に9時ごろ眠ってしまったのですが
なんか揺れてる?と目が覚めました。

起きてリビングのテレビをつけると津波警報。
また大きな余震があったと知ってあわてて福島の震度を確認しました。

しばらくは電話も通じませんでしたが
ようやく連絡もとれて、怪我も、ライフラインも大丈夫だと。

仙台の友達からもメールが返ってきて一安心。

こちらで寝ている私が起きたほどの揺れ。
一ヶ月が経とうというのにまだこんなに揺れるのか…。

原発も何事もありませんように!!


実家の両親、兄は先日、南相馬に戻っています。

原発による屋内退避、自主避難の勧告があってから
物資、燃料の不足が大変なことになり、
しばらくの間山形に宿をとって滞在していました。
ちょうど原発に放水を行い始めた頃です。

10日ほど経ち、いつまでも宿にいるわけにもいかず
こちら(埼玉)に来れるよう、住宅探しも始めたのですが
やっぱり家からは離れたくないと。

こちらに出てきたらそうそう帰れませんし。

セブンイレブンが一軒再開したというニュースも入り
だんだん人が戻っているとも報道され始めました。
生活が困難なら福島市の伯母のところに避難すると決め
とりあえずいったん家に戻りました。

食品に関しては隣の相馬市に買いに出れるようです。
燃料もガソリンスタンド1件(自衛隊が入れにきてくれたらしい)から
だんだん増え、今は待てば入れられるようです。

南相馬市は平成の大合併で小高町、原町市、鹿島町が合併した町で
それぞれ、避難区域、屋内退避、退避圏外となっています。
実家は原町区、屋内退避圏にあたります。

ただ放射能の数値としては福島市、郡山市などに比べて低いので
あえてその福島市に避難するのも…。

人も徐々に戻っているようで
家業も1日から再開し始めたところでした。


この余震に関して徐々に被害の情報が入り始めています。
どうか大きな被害が出ていませんように。

一日も早く余震がおさまりますように…。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。