--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年03月29日 (金) | Edit |
前回の続きです。


夜間救急で点滴をしてもらったあとも
明け方には再び嘔吐と腹痛が始まりました。

5日目木曜日は朝一で主治医に紹介状を書いてもらって某大病院へ。

タクシーで行って玄関からは車椅子。
とても歩ける状態ではありません。
とにかくぐったりしてお腹が痛い~とうなるのみ。

この時点ではもう私の心の中は無事入学式を迎えられるの~と涙(笑)でしたが
大学病院では夜間救急でもらった検査結果を見て、
「ケトン体のせいだね」とあっさり。

ケトン体が体に貯まると吐き気と痛みが出るんだそうです。

なので胃腸炎自体はもうけっこうよくなっているのに
後半はケトン体のせいで吐き気と腹痛が続いているんだろう、と。

前日1300ml入れてますがそれでも点滴の量が足りてない、といことで
再び点滴になりました。

栄養と吐き気止めの入った200mlとその後水分250mlくらい(外来時間ぎりぎりまで)。
11時から5時までずっと点滴。

尿検査と血液検査ももう一度ありました。

まーはかかりつけ医での初めての点滴は私がついて押さえましたが
まったく身動きせず泣かずに針をさしたし、

前夜の救急と大学病院のときは私無しで(外に出された)
血液を採るのと点滴の針をさしてました。

えらいね~がんばるね~。・゚・(ノД`)・゚・。

和が2年生で初点滴したときは(盲腸ね)大騒ぎだったけどね(;^ω^)

この日は病院では吐き気はあっても吐かず
のどが渇いた、とキャップ半分程度の麦茶を口に出来るようになってました。

点滴しながら口からもちょっとずつ水分が取れるようになりました。

夕方帰ってときには
布団の上にうつぶせになってポケモンファンを見るほど元気に!

朝とはまったく表情が違い、5日ぶりにやっと笑顔…。

この5日間で2キロ減って、
背中を触ると背骨がごつごつあたるようになってました。・゚・(ノД`)・゚・。

帰ってからは一口ずつポカリが飲めるようになり、
ゼリーとうどん(離乳食のように煮込んだ)も一口食べました。

6日目は夜はぐっすり眠ってたのに朝、一時間程度腹痛。

それでもおさまってからゼリーをカップ半分ほど食べました。

予約の時間に大学病院へ。
今度はタクシーではなく私の自転車の後ろに乗っていきました。
(でも病院で降りるのは怖かった)

もちろん病院内も歩いてました。

尿検査でケトン体が減ってきているのを確認出来たので
あとは水分補給と、徐々に普通食に戻していけば大丈夫なようです。

やっぱり大学病院ってすごいんだね~∑(*゚ェ゚*)

夜間救急でも、朝一でかかりつけ医に紹介状をもらいに行ったときも
検査の結果はみていますが
同じ数字を見てこれか、とピンとくるのはやっぱりいろんな症例を見ているからなのかな。

あとはまーは食欲魔人の食べたがりなので
ご飯を戻すのを急がないように気をつけなくちゃね。

昨日だんなにから揚げ出したら食べたい~って泣いてたし。


そして今回もうひとつ。

かかりつけ医に点滴をしてもらって、夜間救急に行った水曜日。
実は和はおばーちゃんちに泊まりに行ってました。

まーがげーげー吐いてるわきに和がいるのは心配だったし、
いつ病院にいくかわからない状態だったのでおばーちゃんに頼んだの。

いとこも一緒におばーちゃんちに泊まる予定だったのですが。
夕食後に和くん、発熱(*`ロ´ノ)ノ

39度の熱と緩めのお腹…やっぱり胃腸炎、うつっていたようです。

お泊りはなしで(悠タンごめん)ダンナが帰る時間に戻り
昨日、今日はだんなが休みを取って和を医者に連れて行ったり面倒をみてくれてました。

和は今日は3日目。
微熱があって、嘔吐も下痢もないけどお腹がごろごろしているようで
食欲は今ひとつです。

とにかくポカリと、食べれるもの。
ゼリーでもリンゴでも口に入れて、あとはエネルギー補給になるかな、とあめをなめてます。

もうケトン来るな!です。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。