--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月30日 (日) | Edit |
昨日は近くでロボット教室の体験があるというので行ってきました。

ロボット教室というのはあのディアゴスティーニのロボットを作った
高橋智隆先生がアドバイザーになっている教室だそうです。

以前鉄博で和が大学生が教えてくれるロボット作りだか電車作りだかをやったので
やってみたいかな~と思って申し込んでみました。

鉄道博物館鉄道博物館これね

ぎりぎりだったので空きが1人分しかなく
体験は1時間だけど本当の教室は90分だしまーは無理かな?ということで
和のみの申し込み。

まーは私と留守番で和とだんなで行ってもらおうと思っていたのに、
だんなが仕事になってしまったので泣く泣くまーも連れて行きました。

そしたらまーが泣いた…俺もやりたかった~~。・゚・(ノД`)・゚・。

あまりにも悲しげに泣くので教室の方が見かねて
席はないけど…と床で作っていいよ(床はロボットを動かすのでキレイ)と
見本用のブロックを崩して貸してくれました。

教室は普段は個人指導の塾を借りているそうで、
今回の体験の6人でいっぱいいっぱい。

もっと大きい教室でも10人まで、だそうです。

ロボット教室は月2回、90分。

高橋先生が作った(?)ブロックを使って写真つきのテキストを見ながらロボットを組み立てます。
ブロックといってもモーターやギアを使ってなかなかおもしろいものが作れます。

今回は60分の体験なので
使うもののみ部品が出ていて先生も説明してくれますが、普段はもっと自分で考えて、という感じだそうです。

今回作ったクロールロボはこちら。

ロボット教室 体験

モーターを入れると前輪が回り、脚がバタバタしてる…のかな?

ギアの仕組みとかどうするともっとどうなる、とか応用していくのですが、
残念ながら和はあんまり興味なし(;^ω^)

体験はそこそこオモシロかった(と先生にも言いやがった)けど
別にいいや、という感想。

確かに和はこういうのよりもっと科学実験とかのほうが好きだもんね。
今回もホントはブロックより塾の教室のほうに興味深々。
棚にあった数学のテキストとか読んでたし。

平面から立体におこしたり(立体図形苦手なんだよね)
手先が不器用なのでブロックを組み立てたりしたらいいんじゃないかと思ったんですが
やっぱりすっごく好きなお子さんとは目の輝きが全然違う~。

しかも和のところはなぜかブロックが余ってるし~(´-∀-`;)動いたけどね

和は苦戦してましたが、
好きな子にはベーシックは簡単すぎるようで
この後ベーシックからミドルコース、アドバンスコースと進んでいくそうです。

体験には4年生のお兄ちゃんと一緒に参加した1年生もいて、ちゃんと出来てました。

もともと2~3年生が多く
下は幼稚園の年中あたりから上は中学生(もっと難しいコースに進んでいるそうです)。

90分も好きなことなら長くないそうで、
たしかに体験の60分もあっという間でした。

ちなみにお値段は

入会金 1万円。
教材費 3万円。

月1万弱。ロボットごとにテキスト315円(今回も使った写真入の組み立て図)

教材費はベーシックからアドバンスまでずっと使えるブロックセットで、
ずっと続けるなら3年以上、何十体種類のロボット作れます。
(アドバンスになるとセンサーなどを別に購入するけど、基本はこのブロック)

作って、応用してばらしてまた次のを作る、とう形らしい。

3万円!とも思うけど
レゴとかでも動かせるのはこれくらいするかな。
まぁ、兄弟で2セット、6万円といわれたらくらくらしそうですが。

小学校低学年で好きな子でずっと続けるならやってみてもいいかもしれません。

うちのブロック好きの1年生はどうかって?

ロボット教室 体験ぐるぐるスカイツリー

先生がテキストもくれてちゃんと同じものが作れるよ、と言ってくれたのに
勝手に自分の好きなものを作って満足。
そういう人なのよ~。


ロボット教室に興味のある方はヒューマンキッズサイエンス→こちらがHP


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。