--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年10月20日 (日) | Edit |
昨日は近くにある国立リハビリセンターでお祭りがありました。

毎年やっているのは知っていたけど今まで行ったことがなくて今回が初めて。
前を通っていて中が広いとは思っていましたが本当に広い~。

本館の他に病院や訓練をする施設、研究棟と国立職業リハビリセンターまで。

お祭りというより文化祭というかんじで
中庭に屋台が並び、教室ではいろいろな展示や催し物も。
体育館では車椅子バスケットの試合なんかもやっていたようです。

午前中は和がお友達と遊びに行っていたのでまーと2人でちょっと覗きに行ったのですが
さすがリハビリセンター、展示が人体模型だったり、研究の成果だったりで
これは和が好きそうだな~と思い、午後に和も連れて3人で再び見に行きました。

筋肉を通る電気で動く電動義手のコーナーでは
子供たちが遊びを通して訓練するということで
腕の筋肉に電極をつけて力の入れ具合によってプラレールが進んだり戻ったり、というようなおもちゃの体験もやらせてもらいました。

遊びを通して訓練か…。
義手も本当に小さな子供用のものもありました。

職業リハビリセンターのほうはアカデミックな遊び系。
メカニック系、コンピューター系など、クラブ活動の出し物っぽいかんじ?

ロボット射的ロボット射的

バンドガン(ゴム鉄砲)作り。

バンドガンバンドガンバンドガン

切り抜かれたプラ板をやすりで削ってなめらかにしてボルトでとめるだけです。
出来上がったら的を狙って遊びます。
的も倒れたら点数が出たり本格的です。

ここはお手伝いしてくれるのはほとんどが耳の聞こえない方達でした。

目の前で交わされる手話。
和はありがとうの手話が判った!って言ってました。

和はちょっと前に学校でもここに来ていて
目の見えない体験(真っ暗なところを歩く)をしたり、
アイマスクをつけて鈴のついたボールでやる、ゴールボールなどもやらせてもらったそうです。

リハビリセンターの中には障害を負った方が
普段の生活が出来るように訓練するための施設などもあるそうで、
この近辺は目の見えない方が先生と一緒に歩いていたり、
車椅子もかなり頻繁に通っています。

耳の聞こえない方は見ただけじゃわからないけど、
きっとすれ違ったりしていたんだろうな。

しかし他の地域より多く障害を持つ方が歩いているだろうに
街中の整備はまったくバリアフリーじゃないという不思議。

訓練なのか?



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。