--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月25日 (金) | Edit |
21日22日の一泊で福島の実家に帰ってました。

今回は板橋に住む長兄が帰省するというので
母に「どうせなら一緒に帰ってきなさいよ~」と言われ子供達とだんなは留守番で私だけで帰省。

福島までは新幹線。
そこからは実家の次兄(+母)に車で迎えに来てもらって南相馬市(原町)へ。

去年の夏に4人で帰ったとき(新幹線で仙台まで行ってそこからレンタカー)以来なので1年ぶりの原町。
兄弟3人そろったのは次兄が出てきて鉄道博物館に行った時以来だから2年ぶり?

震災からまる3年たった原町はようやく堤防の工事が始まっていました。
一昨年はがれきが散乱していて、
去年はがれきが一箇所に積み上げられていて、今年はそのがれきはなくなって。
復興は進んでいるのでしょうが3年たってまだこれかとも思ってしまいます。

放射線の数値は震災直後よりずっと下がっていて、
実家のあたりで0.1くらい。
でも原町はまだ除染も始まっていないのでこれは半減期で減ったということなのでしょう。

原町ではまだお米が作られていないのでたんぼはすっかり草原になってました。
これを再びたんぼに戻すのは大変だろうな…。

線路も北は相馬までの3駅くらいは電車が走っていますがその先は津波で流されたので不通。
南は立ち入り禁止区域なのでもちろん不通です。
駅から南の線路はすっかり草に覆われてました。廃線の線路ってこんな感じ。

津波で線路が流された区間なんて
ナビでみないと線路だったとはわからないほどただの土手に還ってました。

そんな感じで市内を見たりお墓参りをしたり。
その後何もやることがないので4時から酒のみに突入。
だってやることないんだもん~。

まぁ両親と次兄の顔を見に行ったのでね。
一緒にお酒飲んでおしゃべり出来たら十分なのですが。

とにかく元気でいてくれてなにより。
介護で通ったり出来ない距離なので2人とも元気でいてくれるのが一番です。

来年の夏は子供達を連れて帰省出来るかな。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ























関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。