--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月02日 (月) | Edit |
翌日は朝ごはんの前に両親の散歩にお付き合い。

山登りや秋のキノコ狩りが生きがいの両親。
屋内退避の間は思うように出られず逆に体調を崩していました。

行くのはご本陣の山。
山というか丘?
最近、上の方は造成されちょっとした公園になっています。

和の出産で里帰りしたときには母と柴犬のじゅうべいと毎日歩いた道です。
途中テントを張ってボランティアに来ている方と出会いました。
ありがとうございます(ωV_vω)ペコ

さくらとからしな
奥に見える黄色はからし菜の花。例年はこんなに伸びる前に摘み取られてしまうのですが、今年は取る人もなく。

みずばしょう
水芭蕉はちょっと終わりかけでした。

上の方には震災の跡が。

じわれがあります

かいだんも

朝食の後にはお墓へ。

お墓を撮ってごめんなさい


やはり倒れたり、90度ずれちゃったりしているものも。
私たちがお墓参りをしている間にクレーンつきの車が来てました。早く直してあげられるといいですね。
うちのお墓はちょっとずれたくらい。
この前兄が来たときに直したそうです。

家の被害はこれくらい。

門に被害

窓からひびわれ

家の中は物が落ちたくらいでタンスも倒れなかったそうです。

しかし近所の神社には被害が。
この神社は今年のお正月に和たちとお参りにきたところ。

神社の鳥居

神社あっぷ

普通夏休みにしか帰省しないのですが、
前述のじゅうべいが秋口に亡くなり、お骨を庭に埋めるために帰省していました。
着いたその夜にだんながインフルにかかり大晦日に病院に行ったり、大変に迷惑をかけましたが今になれば、行っておいてよかった…!!

生活の面においてはだいぶ不自由がなくなりましたが、
原発の危機が去ったわけではありません。
学校は閉鎖され、残っている子供たちは圏外の学校へ通っています。
病院も入院は出来ないそうです。
決してこの町は復興に向かっているわけではないのです。

それでも今までのように暮らしている両親に会ってとても安心しました。
一日も早く子供たちを連れて来れますように…。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。